FC2ブログ
写真ブログ グルメリポート

インスタグラム始めました。ブログに飽きたら、インスタにも訪問下さい。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

マクロって難しい。

いやぁ~実に、奥が深い。

んもうぉ~う、実に、難しい。

ですね。マクロ撮影。


実際のところ、

もっと簡単なものだと、

勝手に思い込んでいたのですが、

まずは、撮影した、写真のほとんどが、

ボケとりました。

おそらくですが、手ブレでのものだと思います。

また、ほとんど絞り開放で撮っていたので、

ピント合わせが、とてもシビアですね。

この難しさが、とても面白く感じました。


家に帰って来てから、

いろいろと雑誌などを引っ張り出してきて、

研究してみたのですが、

マクロ撮影って、三脚が当たり前で、

まず、オートフォーカスで、ある程度ピントを決めておいて、

厳密なピント合わせは、マニュアルで合わせるっと。

う~ん、根本的なところから、

間違っていました。

まぁ~もちろん三脚なしだって、

撮れる腕がないと、イケないと思うので、

今回の撮影は、勉強になりました。

皆さん、なにかアドバイスがあれば、

ご教授願います。

本日の一枚


AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

コメント

一昨年、GANREFワークショップで石井孝親先生のゼミに参加したのですが、マクロの伝道師と呼ばれるだけに驚くほどストイックに被写体と向き合っているんだと知りました。
おっしゃるように、マクロでは基本的に三脚固定。
フォーカシングはマニュアルのみ。
オートフォーカスではフォーカスエリアにとらわれてしまいますので、ファインダーの中でピントを合わせたい部分を見ながらマニュアルで合わせて撮ります。
こちらの語録は本当に参考になりますよ。
http://www2.ttcn.ne.jp/naturephoto/sub.46.html
「太陽に向かって歩こう」というのは、花は逆光で見る方が数倍美しいということです。
梅の写真もやや逆光気味ですが、梅の場合は花びらが重なって光を通しにくいので、順光でもいいと思います。

どうしても手持ちでないと撮れないポジションの場合は、ゆっくりと体の方を動かしながら連写すると、その中の一枚にジャスピンが残せます。
とにかくマクロは数をたくさん撮らないと、全部ピンボケで一枚も使えないなんてこともあり得ます。
今日は(^^)

美しく撮影されているマクロ写真,見た瞬間はっとしますよね。
その様な人をはっとさせるマクロ写真を撮るためには少し投資も必要ですね。
レンズは,ナノクリ60mmマイクロを使っておられるのでマクロ撮影に使える三脚と出来れば手動で焦点を合わせやすいように三脚に付けるスライダーがあれば装備はOKだと思います。

後は,はんべ先生もゼミで研修されいるようにマクロ撮影会等に機会があれば参加されると良いと思います。
私達夫婦は,全日本写真連盟の会員になって連盟の主催するマクロ撮影研修への参加,地元の写真教室への参加,偶にクラブツーリズム主宰のマクロ撮影会へ参加と日々研鑽していますがそれでも写真教室の先生からは画面構成が悪いといつもだめ出しをされてます。

後,手動でのピント合わせは,ライブビューを使用してピントを合わせる部分を拡大して合わせています。

お互いに頑張りましょう。
はんべさん、こんばんわ。

フォーカスは、すべてマニュアルで、
良いのですね。(自分にできればの話ですが(苦笑))

太陽に向かって花を撮るのは、
たしかに、逆光だと花が美しいというのは、
なんだか理解できます。今回の撮影でもそうでした。

手持ちでは、ゆっくり体を動かすなんて技があるのですね!!
驚きです。

マクロ写真でもたくさん撮って、
とりあえずのうちは、
数うちゃ当たるっで行きたいと思います。
totoroさん、こんばんわ。

やはり、講習やゼミ、撮影会等に、
足を運んでみるのが、上達の近道だとは思うのですが、
あまりの初心者丸出しで、恥ずかしいので、
もうすこし、上達してから考えてみます。

あと、マクロ撮影にはやはり三脚が必要なのですね。
恥ずかしながら、未だ三脚を持っていないので、
近いうちには、購入したいとは思って居るのですが...。

手動のピント合わせは、ライブビューですね!
わかりました。今度、挑戦するときは、使ってみます。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

kenek

Author:kenek
野鳥写真を中心に、日々、良い写真が撮れないか模索中です。最近は、「良い1枚」との出会いを求めて、カメラとの格闘の日々を送っています。

◆◆◆ 日本野鳥の会 会員 ◆◆◆

仕様機種(メインカメラ)
Panasonic LUMIX G9

使用機種(サブカメラ)
Panasonic LUMIX G7

使用レンズ
・M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
・LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6
・LUMIX G 20mm/F1.7 II
・LUMIX G LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


使用機種(ほぼマクロ撮影専用機(笑))
Nikon D600

使用レンズ
・AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
・AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
・TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
・TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
・SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
・TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di MACRO
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
現在の閲覧者数: