FC2ブログ
写真ブログ グルメリポート

インスタグラム始めました。ブログに飽きたら、インスタにも訪問下さい。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

野鳥ツアー第9戦(2019年10月20日~10月23日)

更新頻度がかなり開いております。(恐縮)

インスタグラムには毎日とはいきませんが、

常時アップしていますので、

よろしければ、そちらもご覧頂ければと思います。


==================================================

さて、タイトル通り「また行ったの?」なんて声が、

聞こえてきそうですが、野鳥観察を始めたころから、

念願だった山形県にある「飛島」という離島へ、

野鳥ツアーに行ってきました!

今回は、ツアーっと言ってもフタを開けてしまえば、

通日、参加者は自分一人の、ガイドさん独占状態でした(笑)


この飛島は、ご存じの方も多いかと思いますが、

渡りの途中での野鳥たちのオアシス、

そんな野鳥たちの休憩地点っとなっている島になります。

なので、そんな理由があってなのか、

珍鳥がかなりの確率で見られる、大変貴重な島となっています。


さて、それでは4日間の探鳥の成果を、1日目から振り返ってみます。

まずは、1日目。

新宿にあるバスターミナルから夜行バスにて、

飛島へ渡ることができるフェリー乗り場まで、

約8時間の旅…。(長すぎる)

とは言っても、朝に到着するので寝ていけば良いやなんて、

簡単に考えていたのですが、これが意外と寝られない。

っというか、寝られ慣れていないっと言った方が、

良いかもしれません。ウトウトまでは行くのですが、

なんだかちょっとした物音だったりっで目がパッチリと、

覚めてしまうこと多々ありで、結局全然寝れませんでした。

そんなこんなで、無事到着し市場の2階にある、

食堂で朝食タイム。これがかなり美味し!の安し!!

漬け丼に魚のアラが入った味噌汁。ほんとに美味すぎる!

ってな感じで、朝一から最高の出発です。

この時点で、フェリーが出ることが判明。

そう。飛島へ渡るにはかなり重要な要素である、

フェリーの出航問題。しかし、そこはkenek。

この日も持ってましたね!(笑)なんとか出航です。

しかし、ここでアネロンをがっつり飲みました。

なんでも、この日のフェリーは代船で、

普段のフェリーより小型とのことで、

かなり揺れたり、不安が付き物っということで、

ちょっと、乗り物酔いのひどい自分には、

アネロンが必須とのことで、飲んだのですが、

これは正解でしたね、約1mの波だったのですが、

かなり上下に揺れるは、動くは。(驚)

今まで、船旅行は乗り物酔いで避けてきたので、

これには、ビックリ!1mでこんなに揺れるのかい?

ってな感じで、約1時間15分の船旅。

まぁ、結論無事に到着しました、上陸です!

in 飛島!!

港で早速、ガイドさんと合流し、旅館に向かうまでの、

徒歩中にも、いきなり「ノビタキ」の登場!

おぉ~~、凄すぎる、このポテンシャル!

実のところ、ノビタキは見たことはあったものの、

写真に収めたことが無かったので、

これには、自分もかなり大喜びでした!

本日の20枚
本日の20枚


宿に荷物を置き、自分はやる気満々、早速の出発(笑)

次なる野鳥は、「マヒワ」のメスの登場です。

本日の20枚
本日の20枚


飛島で、とにかく驚くことは、野鳥までの距離が、

近すぎるということです。それほどまでに、

野鳥達は、”疲れていて、お腹が減っていて、喉が渇いている”

そんな、野鳥達にとっては大変な状況なのだそうです…。

そして、この飛島。更に凄いことが…。

それは、日に日によって見られる野鳥に変化があるってことです。

今日は、この野鳥が多いけど、明日も見れるかは…。

つまりは、野鳥達が島で十分の休憩をとってしまって、

島を出発してしまうって状況が1日の中で変化があるのです。

もちろんのこと島に立ち寄る野鳥が入ってくるってこともあるので、

1日1日で観察できる野鳥に変化がある、

そこが、またこの島の魅力ある特徴なのです。


そんなこんなで、探鳥を進めて行くなかで、

ガイドさんから情報が入ります…。

今日時点で注目の野鳥は、「ヤマヒバリ」に「ベニヒワ」ですっと!

おぉ!!!凄い!!正直「ヤマヒバリ」って???でした(笑)

いきなり聞いたこともない種が見れるってことで、

凄いドキドキ感で島を巡ります。

地元でも見ることができる、ジョウビタキやホオジロ、アトリなんて、

野鳥は、それこそかなりの数の確認ができます。

こんなに狭い島に一体何羽いるんだろう?ってな簡単な予測では、

考えられないくらいの数の野鳥がいます。

本日の20枚
本日の20枚
本日の20枚
本日の20枚
本日の20枚
本日の20枚



しかしガイドさんがここで、「いやぁ~鳥が少ない」って(笑)

これには、えぇ~~!!!でした(笑)

これで野鳥が少ないって!こんなに居るのにって。

これにはほんとビックリでした。流石の飛島。「Bird Island」!

この密度でまだ少ないってことは、一体普段はどれくらい居るのだろうっと。

とにかく、歩くところ到着するポイント、そのどれでも野鳥が居ます。

ってな感じで、ヤマヒバリポイントに到着すると、

昼ご飯&ヤマヒバリ探索です。

実のところこのヤマヒバリ。流石の珍鳥、この島に1羽でした。

しかし、居てくれましたよ、今日も!

いやぁ~、ほんと嬉しかったです。この出会いに感謝ですね。

本日の20枚


朝一に続き、昼一(笑)にも最高の出会い!

次なるベニヒワにも期待が膨らみます。


ってなわけで、昼ごはんを取ってからは、

島を1周探索の続きです。次なる出会いは「ハヤブサ」でした。

このハヤブサ、島の野鳥達の出入り口3か所にて、

狩りをするため、スタンバイしているそうで…。

本日の20枚


いや、珍鳥は狩りしないでね(苦笑)って、願うばかりです。

そして、ちょっとした山道を歩いていると、

突然の出会いでした!そう、ベニヒワです。

しかし、ここでは枝被りで、なんともな写真でしたが、

いきなりの1日目で、目標野鳥だったベニヒワが撮れました!

本日の20枚


やっぱり、飛島は凄い!凄すぎる!


ってなかんじで、午後の部も順調、順調。

次なるポイントでは次なる珍鳥「ムジセッカ」を狙います。

しかし、このムジセッカ…。なかなかの曲者でした。

そう、声はするんだけど姿を見せない…。

畑の草の茂みの下の方を、チョロチョロしているのです。

しかし、ワンチャンスあってなんとか撮影できました。

本日の20枚


いやぁ、良かった良かった。次なる目標も、達成です。


ここで、ビックリなことが!

なんと、「ヒガラ」をガイドさんが、

ヒョッイっと素手で捕まえちゃいました(笑)

いやぁ~飛島、野鳥までの距離が近すぎます。

本日の20枚
本日の20枚
本日の20枚


途中「メジロ」が無数に居る柿の木があって、

なんでも「チョウセンメジロ」っという珍鳥が混じる事が、

あるとのことでメジロだって、きちんと観察しましょうっと。

しかし、残念ただのメジロしか観察できませんでした。

本日の20枚


う~ん、飛島あなどれない。なんでも沢山居た「ジョウビタキ」の、

レア種も混じるってことで、油断禁物なんですよ、ほんと。

そして、夕方頃に訪れたポイントで、

最後のビックチャンス!

なんとのなんと、目の前ベニヒワチャンスです!

しかし、藪の中で懸命なお食事中…。

中々出てきてくれなくて、夕方ってこともあって、

暗さもあって、良い写真は撮れませんでしたが、

まぁ、及第点ですかね?こんな感じです。

本日の20枚

後は、ムシクイが観察できましたが、

種類の確定までは難しく、おそらく「オオムシクイ」でしょうとのこと。

やはり、ムシクイはガイドさんでも区別するのは難しいのですね。

ちょっと、ホットしました…。

本日の20枚


ってなわけで、1日目は最高の出会いもあって、

かなりの濃密な1日となりました。

旅館の食事も美味しくて、とにかく米どころ山形。

米が美味しすぎる…。ほんと、美味でした。


まずは、1日目。準備運動です。写真は今後期待して下さい。

では、2日目に続く…。

コメント

こんばんは
4枚目と最後の絵が特にわたし好み
飛翔も羽根はボケて目はぱっちりと撮れて
これが出来そうですできない小型の鳥は非常に
難しく ナイスです
kenekさん こんばんは
ベニヒワ 良いですね。まだ私は見たことがありません。
飛島は何度か行きましたが 初日にこんなに撮れたら 最高ですね。
羨ましい限りです。
sanbarikiさん、こんばんは。

ブログの更新がかなりの間隔が開いてしまってご心配かけました。
今後はインスタもチェックして頂けると幸いです。

さて、お気に入りの写真をチョイスして頂いて、
ありがとうございます。励みになります。
個人的には、4枚目は僕も好みですが、
実はあのカットの後に羽ばたき中の1枚があるのですが、
コンテスト行きにしたので、ここでは控えようと。
残念ですが、何時か機会があればですかね…。

そうですね、小鳥の写真はやはり目にピントが来てないと。
そして、羽の臨場感は最近好きな1/1300秒で撮っています。
前は、カリカリの飛翔シーンが好きだったのですが、
最近は臨場感が好みになってきていて、
SSをちょっと控え気味にしています。

是非、お試しあれです。
うささん、こんばんは。

ベニヒワは、ほんと出会えて嬉しかったです。
しかも、8匹での団体さんでしたから、
なかなかの密度の濃い撮影になりました。

飛島へは何度も行ったことあるんですね。(羨ましい)
個人的には、春の飛島へ行く楽しみができました。
何時になるかは、わかりませんが実現したいです。

先に、結果から言ってしまうと、「70種」見れました。
初見もあったので、最高の旅になりました!
また、あの美味しいご飯を食べに行きたいですね。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kenek

Author:kenek
野鳥写真を中心に、日々、良い写真が撮れないか模索中です。最近は、「良い1枚」との出会いを求めて、カメラとの格闘の日々を送っています。

◆◆◆ 日本野鳥の会 会員 ◆◆◆

仕様機種(メインカメラ)
Panasonic LUMIX G9

使用機種(サブカメラ)
Panasonic LUMIX G7

使用レンズ
・M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
・LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6
・LUMIX G 20mm/F1.7 II
・LUMIX G LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


使用機種(ほぼマクロ撮影専用機(笑))
Nikon D600

使用レンズ
・AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
・AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
・TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
・TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
・SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
・TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di MACRO
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
現在の閲覧者数: