FC2ブログ
写真ブログ グルメリポート

インスタグラム始めました。ブログに飽きたら、インスタにも訪問下さい。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

またまた野鳥ツアーに行ってきました!

皆さん、お久しぶりです。

相変わらずの、ブログ更新頻度ですが、

そろそろ嫌気がさす頃かと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。(;^_^A アセアセ・・・

今日は、長文になりますが、

またまた、野鳥ツアーに参加してきたので、そのご報告です。

それでは、早速、野鳥ツアー1日目の報告です!

家から駅に向かった時は、ほんとの小雨程度だったのですが、

目的の駅に近づくにつれ、雨足はひどくなっていきました。

そして、着いた時には、まぁ小雨程度に落ち着いていたので、

「天気予報通りに行けば、午後15時以降はやむだろうと。」

しかしですよ!途中によった道の駅まで標高が上がると、

雨は強くなるばかり...。しかし、午後に入り雨も弱まってきてみると、

畳平チャレンジをしてみよう!っと、急にやる気になったガイドさん。

っというわけで、貸し切りバスにて畳平に向かいました。

道中、上空を飛ぶホシガラス(初見)が飛んでいたり、やはり凄いポテンシャル!

自分の中の期待は膨らむばかり...。しかし、ですよ。

ほんとにほんとで、山頂の駐車場についたら、『暴風雨』。

ほんと「ガーン」ですよ。ほんとにほんと、凄い期待していたので、残念無念。

山の天気は変わりやすいので、それでも1時間程度待ってみたのですが、

雨・風止まず。バスの外に出るのも危険との判断で、ガイドさんも苦渋の選択。下山となりました。

下山途中で、ガイドさんが注目の発言。なんと「雷鳥は天気が良いと駄目なのです。」

「霧が出ている状況か、観光客が帰った後の夕方の薄暗い時間帯なんかが良いのです。」

おっ、っという事は、今日の状況でも、雨・風が止めば、

視界5mの霧が出ていましたが、ある意味アリの状況だったのでは?

っとその時は思ったし、どうせダメなら、ダメ元でなんでもう少し待機でも良かったのにっと思ったのですが、

さすがのガイドさん。後から聞いた話ですが、その後も悪天候。

下山の選択はやはり正解だったのです。初日の畳平山頂は、ボツだったのです。

下山して、とりあえず旅館に帰り、希望の人だけで旅館の周り探鳥会が開かれました。

自由参加とのことでしたが、やはり皆そこは鳥好き。

全員参加となりました。(笑)しかしですが、旅館周りも雨足は強く、

カメラやら、双眼鏡やらがかなり濡れてしまって、

防滴のカメラの方は、かなり心配してしまったのですが、

まぁ、大丈夫だったのでホッとしました。

しかし、雨が降ってしまっては、野鳥も残念賞...。

旅館周り探鳥会は、片手で数えられる程度の野鳥で終わってしまいました。

っというわけで、消化不良の1日目。

気を取り直して、野鳥ツアー2日目です!

起床は、5時15分。集合5時45分。

まずは、朝からの探鳥で、宿周りの探鳥会をしました。

昨日は、雨が降っていて片手で数えるくらいの野鳥にしか出会えませんでしたが、

朝の探鳥会では、いきなり宿の隣の林に、なんと!「エゾビタキ」登場。

木のテッペンで、虫をフライングキャッチしていました。

いやぁ~、これは朝から順調だ!っということで、

皆さん鼻息も荒く(笑)、まさしく期待通りの2日目になりました。

続いての登場が、カケス、続いてアオゲラ、この2種は実の所見たことはあったのですが、

写真に撮るのは初めてでして、自分もホクホクな状況でした。

あとは、コガラにヒガラに、ゴジュウカラ。アカゲラに、オオルリ、キビタキ、

イカルにここでは夏鳥のジョウビタキに etc... っと、

雨さえ降っていなければ、宿周りでもこれだけのポテンシャル。恐るべき乗鞍高原温泉でした。

そして、宿に戻り朝ごはんを食べて、目指すは昨日のリベンジ。

畳平でのライチョウチャレンジです!しかし、蓋を開けると、

これまたいとも簡単に、発見に至りました。なんと、探鳥を初めて、第1ポイントで、もう発見。(笑)

「あれれ、条件さえ整えば、こんなに簡単なの?」っと思うほど、あまりにも早い登場に、皆さんも拍子抜け。

っでも、一番驚いていたのは、ガイドさんでして、なんでもこんなに低い位置で見たのは初めてだと言ってました。

そう!非常にレアケースでの発見だったのです。そうですよね。

今回はこんなに簡単に現れましたが、そんなのほんとにタイミングですよね。

しかも3羽も同時に登場し、皆さん、大興奮!でした。

この畳平で見られるのは、意外にも高山野鳥4種しか見られません。

しかしですよ。なんと!4種全部見れたのです!!いやぁ~自分の日頃の行いが悪いのかと反省するところでしたが、

いやいや、まだまだ自分も持っているな!っと正直それぐらいの出会いでした。

見られた野鳥は、ライチョウ、イワヒバリ、カヤクグリ、ホシガラスでした。

そして、野鳥ツアー2日目の午後からです。

2日目の11:00には、畳平を切り上げて、一路白樺峠へ向かい、

遂に念願のタカの渡りを見に行きました。現場へ到着すると、駐車場を降りた所で、

既にガイドさんが手を空に向けています。そう、既にタカの渡りが始まっていたのです!

ガイドさんの話によると、ゴールデンタイムは、12:00~15:00とのことで、

さっそくフライング気味のハチクマが空を悠然と飛んでいました。

しかし、「予想よりも高い所を飛んでいる」っと自分の中で、

「あれを一体どうやって撮るんだろう」っと自問自答をしてしまいました。

それほど、タカまでの距離があるのです。ある程度予想はしていたのですが、

まさかこれほどの距離感とは...。しかし、蓋を開ければ、

2日目の写真は、逆光・豆粒・黒ツブレで、個人的には全部お蔵入りでした。(泣)

そう、撮った写真をその場で確認すれば良かったのですが、

そこが自分の悪い所。「まぁ、フレーム内に収まっているのだから、ある程度どうにかなるんじゃない?」なんて、

傲慢な考えでした...。(泣)そう、実の所、結論から言うと、2日目の方がタカの出が良く、

3日目はその3分の1ぐらいしか出なかったのです。しかも、2日目には、

2回ほどかなり低い位置で、近くを飛んでくれた、絶好のタイミングがあり、

あれをモノに出来なかったのは、恥ずかしい限りでした。(穴があったら入りたい(泣))

カメラでもなんでもそうかもしれませが、やはり経験とカメラの設定等の知識は、

あらかじめ勉強・調査しておくものですね...。

自分は、新カメラを買って気持ち的に、おごっていたのでしょう、

少ないチャンスをモノに出来なった悔しさは、何時かの将来、リベンジしたいものです。

とって変わって3日目。

この日も早朝宿周り探鳥会を実施し、やはり色濃い野鳥たちの頻繁な登場に、

やはり、そのフィールドのポテンシャルには、驚かされました。

そして、夕方までのこの日の予定は、朝食後に早速白樺峠へタカの渡りを見に行くことになりました。

しかし、先述どおり、結果は惨敗。

2日目がトータル1,074羽。3日目が314羽で終わってしまいました。

しかし、これはあくまでも特等席でのプロによるカウントでして、僕らが峠から見えたのは、

おそらく2日目が100羽、3日目が、30羽程度ではなかろうかと思います。

それでも、大砲レンズがひしめく中、ミラーレス一眼で同様に頑張る自分。

今月号の、BIRDERのような写真は、とても撮れませんでしたが、

今の自分なりに、満足いく写真も何枚か撮れ、

ホクホクで、自宅に帰ってきました。

期待していた鷹柱(タカが複数羽で、同時に旋回する)は、結局ほぼ見れず、

っでもタカの渡りというロマンある野鳥の行動が観察出来ただけでも、

今回のツアーは僕の中では、大満足に終わりました。「結果良ければ全てよし」

1日目はどうなるかと思い、最悪の天候になるかもと震えていましたが、

結果とても楽しい&充実したツアーとなりました。

では、本日の6まい。

本日の6枚

エゾビタキの舞い。

本日の6枚

ホシガラスの舞い。

本日の6枚

ライチョウの佇まい。

本日の6枚

ライチョウのブルブル。

本日の6枚

ノスリの舞い。

本日の6枚

ハチクマの舞い。



Panasonic LUMIX G9 & LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6


スポンサーサイト



カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kenek

Author:kenek
野鳥写真を中心に、日々、良い写真が撮れないか模索中です。最近は、「良い1枚」との出会いを求めて、カメラとの格闘の日々を送っています。

◆◆◆ 日本野鳥の会 会員 ◆◆◆

仕様機種(メインカメラ)
Panasonic LUMIX G9

使用機種(サブカメラ)
Panasonic LUMIX G7

使用レンズ
・M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
・LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6
・LUMIX G 20mm/F1.7 II
・LUMIX G LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


使用機種(ほぼマクロ撮影専用機(笑))
Nikon D600

使用レンズ
・AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
・AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
・TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
・TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
・SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
・TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di MACRO
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
現在の閲覧者数: