写真ブログ グルメリポート

インスタグラム始めました。ブログに飽きたら、インスタにも訪問下さい。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

300mmに悩む

今までの自分と言えば、

野鳥撮影は、専らD600とTAMRON150-600mmの組み合わせで、

撮っていたのですが、150mmからのズームと言っても、

ほぼ、600mmでの撮影ばっかでした。

っていうことは、LUMIX G7で、300mm換算で撮っているのでは、

すでに、そこにストレスを抱えて撮っているのは、

当然の結果なのです。

今では、ミラーレス一眼に超望遠レンズとテレコン等を、

組み合わせて、1000mm越えのスタイルが、

かなり、人気のようですが、自分はと言えば、

600mmで今の所十分かな?っと思うのと、

そんなに望遠では、あの素早い野鳥をフレームに収めるのは、

かなりの至難の業ですね、自分の腕だと...。

とは言っても、D600で慣れてしまった、

600mmの環境は、G7でも直ぐにでも準備したいのですが、

軍資金がね...。(笑) 

やはり、カワセミメインになってきている、自分の撮影環境では、

比較的、警戒心の高いカワセミさん相手では、

やはり、600mmぐらい寄れないと、

自分の思い描く写真は、なかなか出来上がってこないのは、

目に見えているのです...。

そう、今日の写真を見てもらえれば、一目瞭然。


では、本日の4枚。

本日の4枚

今日の4枚は、この間アップしたスズメ写真と、

非常に似てしまっていて恐縮ですが、

お付き合い下さい。

さて、比較的人間には慣れているスズメさんですが、

そうは言っても、きっとこれ以上近寄れば、

逃げてしまうだろう、という距離感がありますよね。

やはり、300mmでは、これぐらいの大きさで撮るのが、

結構大変だったりするのです...。

本日の4枚

しかし、倍の600mmあれば、

今までの150-600mm環境と同じですので、

そこは、kenek。もう少し良い写真を撮る自信はありますよ。(苦笑)

っでも、この4枚は300mmの画角だからこそ、

フレーミングしているわけで...。

そう。恥ずかしながら、高速野鳥を超望遠レンズで、

フレーミングするのは、自分的には高レベルなわけで...。

本日の4枚

今日の、この4枚は連続する4コマの写真ですが、

びっくりなのは、スズメって、意外と早いのですね...。

自分的には、もっと枚数を稼げているかなぁ?なんて、

撮った時には思ったのですが、

蓋を開ければ、フレーミングできたのは、この4枚。

う~む、やはり4Kフォトでも、カメラを振って、

自分でフレームを追随させなければ、

600mmでは、何も映っていない写真が、

山のように、出来上がることでしょう...。

本日の4枚

う~ん。ってなわけで、600mmが直ぐにでも、

欲しい気持ちはあるのですが、

まずは、300mmでまた修行の道を...。

ってな気もしています。

おそらくですが、カワセミさんの場合は、

今日のスズメのように、300mmだったら、

歩留まりは上がるでしょうが...。

やはり、そうは言っても自分が思い描く写真は、

やはり、300mmでは撮れないのも、

現実問題として、あることは、ある。

う~む。こうやって悩んでいる時が、

充分、面白かったりもするのですが...。(笑)

Panasonic LUMIX G7 & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

ハチ4K

昆虫を4Kフォトで撮る...。

これも、自分の中では非常に大きなテーマでした。

そこで今日は、昆虫の中でも比較的小さな、

ハチ写真をアップしてみます。

今まで、D600にマクロレンズを付けて、

それこそ、大量の昆虫写真を撮ってきましたが、

ハチのような飛びものの写真というのは、

一眼レフのマクロレンズでは、非常に難しい...。

これ、撮ったことのある方だったら、

わかって頂けると思うのですが、

それこそ、ピンボケ写真の大量生産状態になります。

まず、第一に手ぶれ。

第二に被写体ぶれ。

どちらも、ハチレベルの小ささと、速さだと、

逃れられない壁でした。

しかしですよ...。

4Kフォトだとほんとに簡単に撮れてしまったのです。

自分でも、鳥を撮ってみて思ってはいたのですが、

まさか、昆虫相手でも、ここまで撮れるとは!です。

まぁ、今回の作例は、あくまでも「簡単に撮れる」が、

話したいところなので、作品としてのデキは置いといて...。

まずは、本日の作例を。

本日の4枚

まずは、ミツバチですが、

今までの自分の範疇だと、ここまでピントが合う写真を、

量産することは、まず不可能でした...。

しかし、4Kフォトだとこの一枚以外の写真だって、

ピントがドンピシャで撮れているのですよ。

本日の4枚

ハチのアイキャッチでここまで撮れるのです。

いやぁ~、M.Zuikoのただの望遠レンズですが、

特別なマクロレンズを用意しなくても、

ここまで撮れてしまう...。今日はそれを、

大きな声で言いたかったのです...

本日の4枚

続いて、アシナガバチ?です。

さすがにD600での60mmマクロレンズでは、

まず、怖くて近寄れません。(笑)

しかし、300mmあれば、ここまでぐらいなら、

寄れるので、試しに4Kフォトで撮ってみましたが、

あれよ、あれよで、こんなに撮れてしまったのです。(驚)

本日の4枚

こんな飛翔中のシーンだって、

いとも、簡単に撮れてしまう...。

D600では、撮れなかった世界がそこにはあったのです。

いやぁ~、サブカメラで買ったこのG7。

これは、自分の引き出しがずいぶん増えた気がします。

あとは、600mmレンズが手コマとして、

増やしたいのですが、懐事情が...。(笑)

まぁ、必ずや貯金が貯まれば、買ってしまうでしょうね。(笑)

まずは、地道に貯金生活ですかね...?


Panasonic LUMIX G7 & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

ルリ模様

先日、ある特別な場所にて、野鳥観察。

っと書きましたが、この夏の3連休に行ってきました!

なにが、特別なのか???

それは、今回の写真を見てもらえれば、

一目瞭然です。   そう...。

7月のこの暑い時期に、なんと!

ルリビタキが普通に登場するのです!

詳しい場所は、書きませんが、

まぁ、かなり有名ポイントですので、

見る人が見れば、これまた一目瞭然ですが...。

っということで、今日は、ルリビタキの様々な、

年齢の3枚をアップしてみます。


では、本日の3枚。

本日の3枚

まずは、今年生まれたばかりの個体です。

生後2か月といったところでしょうか?

色は地味ですが、カワイイィ~ですよね?

本日の3枚

続いて...。

う~~~む。この個体は...。

成鳥のメス個体?それとも、オスの若鳥???

判別に悩みます...。

これも、勉強ですね。判別つけるよう、

精進します。

本日の3枚

最後は、そう!

もちろん、オスの成鳥です。

この個体は、その色の具合から、

まだ3年は経ってなさそうなので、

2歳のオスの成鳥ですかね???

それにしても、毎年の冬に地元の森で、

メス個体にばかり、モテてしまった(笑)、
(今までにメスばかり6個体に遭遇。)

自分からすると、いとも簡単にオス個体に、

出会えてしまって、ほんと素敵な場所でした。

ほんと、この出会いに感謝だし、

こんな場所があることにも、感謝しなければなりませんね。

このポイントには、ほんとにレアな野鳥も、

出現するので、また行こう!っと、次回の約束をして、

終了となりました。次回も、素敵に出会いに期待して...。


TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD

4Kフォトカワセミ

去年は、マイフィールドでのカワセミの初見は、

8月の半ばでしたが、

なんと!今年は、7月の上旬。

一か月以上早い登場でした。ヽ(^◇^*)/

また、今シーズンも、カワセミさんに遊んでもらう時期が来たのです。

そして、G7を肩から下げて、何時ものブラブラ散歩でしたが、

何時もの事ながら、カワセミに出会うと、

あまりにも、テンションが上がって焦ってカメラを、

構えるものだから、もうそれだけで、

カワセミさんは、逃げてしまう...。

そんなことが、シーズンの初めには毎年繰り返してしまう。(笑)

そう。やっぱり自分にとって、カワセミさんは、特別な被写体。

ちょっとやそっとの被写体ではないのです。

だから、テンションは上がりっぱなしで、

カメラのフレーミングも、ピント合わせも、

あたふた、合わせるものだから、ほんと人間正直ですね。(笑)

っでも、今回の初見での撮影は、

ワンチャンスでしたが、4Kフォトでじっくり撮ることができました。

しかし、この4Kフォト。すでに自分の中では、

300mm望遠では、足りないので、今すぐにでも600mmを、

っとは、懐事情がさびしいので、q(T▽Tq)

さすがに買えないでいますが、後はレンズの問題ぐらい、

スッキリ、なんとか行けそうな気がしています。


では、まずは作例を。今日は7枚。重いです。

本日の7枚

まずは、飛び出し直前の姿勢のカワセミから。

今までの、D600と150-600mmの組み合わせでは、

カメラをずっと構えるのは、1分ぐらいが限度。

っでも、今回のこのG7での撮影では、

3分以上、回してもまだまだ余裕でした。

ってことは、カワセミが飛ぶのを、カメラを構えて待っているだけです。

本日の7枚

そう。あとは、カメラが勝手に1秒30コマの世界で撮ってくれるのです。

この1秒30コマの世界は、今日のこの作例で、

分かり易く、説明できそうな気がします...。

本日の7枚

300mmレンズで構えて、

最初の飛び出す瞬間からの連続7コマが、

今日の作例です。

つまりの所、フレームアウトするまでの瞬間が、

なんと!6コマも撮れていたのです。

これ、D600では、そうは行きませんよ。

なにせ、1秒5.5コマですから。

単純計算でザクッと計算しても、きっとこの間、1枚でしょうか?

そう。今まで撮れなかった世界が、5コマも撮れていのです。

いやぁ~恐るべし。4Kフォトですね。

本日の7枚

この作例は、ピントはマニュアル撮影で撮りました。

ちょっと、AFとMFとの、使い心地を色々と模索していますが、

なんとか、「どちらの良さ」みたいなものを、

つかめてきたので、このコツを生かして、

今シーズンのカワセミシーズンには、間に合いました。

本日の7枚

ちょっと、コンクリート壁が邪魔ですが、

今回のベストショットは、この1枚でしょうか?

目にピントも来ているし、

うん!これで十分ですね!

本日の7枚

新しい武器を、まだまだ使いこなせてはいませんが、

何とか、コツみたいなものは、徐々につかめてきているので、

今年のカワセミ撮影には、このG7がたくさん登場するかと、

思います。あらためて、ホントに面白いサブカメラに出会えました。

本日の7枚

よくよく、見てもらうと、

まぁ、X軸上での移動でしたので、

ほぼピントが来ている状況でしたが、

それにしても、自分の中では、今回紹介した7枚は、

今までの自分の物差しでは、

すべて、合格ラインに乗りそうです。

いやぁ~、ほんとに今後は、野鳥撮影は、

この4Kフォトに変わるかもしれません。

これだけ、自分の引き出しが増えたことに、

感謝しなければいけませんね...。

Panasonic LUMIX G7 & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R


何をもって

「写真には、正解が無い。」

僕も、この言葉は正直に信じております。

では、何をもって成功とするか?

これについては、今の自分なりの物差しを作って、

明確にしておかないと、何時まで経っても、

成長できそうな気がしないので、

『物差し』は自分の中では、作ってるつもりです。

まぁ、この「つもり」が一番怖かったりするわけですが...。


さて、固い話は、そこそこにして、

今回は、前回の花マクロの反省会です。

幸いなことに、現代社会では、

プロのカメラマンの写真集をはじめ、

アマチュアカメラマンでも、素晴らしいホームページや、

それこそ、注意さえしていれば、写真に囲まれた世界が、

そこら中にあるわけで...。

つまり、そこには先人達が撮ってきた写真が、

ごろごろあるわけなのです。

そして、自分の物差しは、こういった良いものを見ることで、

磨くことはできるのだと思います。

しかし、その写真を再現できるか?っと言えば、

重々再現できるはずの腕が無いわけで...。

じゃ、物差しはどうするのか???

つまりの所、理想(プロ写真)と、現実(自分の物差し)は、

埋められない、溝(写真の腕)が必ず出てきます。

なので、物差し作りは、自分の中の壁を越えれるかなのです。

物差しで引いて、その線が越えれる写真が撮れればOK。

撮れなければ、NGという流れですかね。自分の中では。

あれ?なんだか、やっぱり話が固いなぁ~。(笑)


では、本日の2枚。

本日の2枚
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED


この花マクロですが、理想は浅井美紀さんの写真。

物差しは、鏡面写真を実現できるか?でした。

結果、物差し越えは、充分な結果が出来て、

自分の中では、OKな満足な写真が一杯撮れたわけで...。

しかし、出来上がったこの写真達ですが、

致命的な欠点が見つかりました。

これが、越えられなかった壁というわけです。

そう!花びらに見えないのです。この赤や白の花びらが。

これ、一応花びらですので、フォローしておきます。(笑)



では次の写真。

本日の2枚
Panasonic LUMIX G7 & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

これは、LUMIX G7での4Kフォトでの一枚です。

ここでの物差しは、スズメの飛び立つ瞬間を撮るです。

一応そういった意味では、今まで自分の中では、

難易度高だった、飛び立つ瞬間写真が、

4Kフォトでは、簡単に撮れてしまったわけです...。

では、D600では撮れなかったこの写真。

これは、物差し越えなのか?う~ん、判断難しいですね...。

まぁ、写真としてこうやって撮れているのだから、

おまけでOKとしますか...。


ひさびさ花マクロ

今日は、とっておきの場所での野鳥撮影のはずが、

残念なことに、ドタキャンで延期になってしまったので、

毎年この時期恒例の、梅雨の時期に撮る物が無いとき、

そんな時は、やっぱり花マクロですね。

ってなわけで、早起きしたので、

午前中から、たんぽぽの綿毛探しをし、

カメラは持ってましたが、キョロキョロしていて、

あれじゃ、完全に不審者でしたね。(苦笑)

そうはいっても、昔ならタンポポなんて、

簡単に見つかったのに、探せど探せど、見つからない...。

完全にガックリモードで家路に付いたら、

なんと、人様の駐車場にあるではないですか!!

そう、完全に不審者は、人様の駐車場から、

拝借してしまいました...。ヾ(_ _。)ハンセイ…

う~む、ちょっと罪悪感アリアリでしたが、

まぁ、気分一新。撮影が楽しめたら良しとしますか。

あれ?やっぱり駄目ですか。(笑)


(;^_^A アセアセ・・・ では、まずは作例から。

本日の5枚

今回のテーマは、水面処理でした。

如何に、水面の鏡面反射を実現するか...。

蓋を開ければ、なんだこんなに簡単だったのかっと。

あまりにも、単純明快な手法でしたので、

自分でも、笑けてくるほど、拍子抜け。

本日の5枚

自分の性格上、こういったことは、

答えが分かってしまうと、急につまらなくなってしまうタチ。

まずは、いつもの花から撮っていたのですが、

最後に一番難しいであろう、タンポポの綿毛を撮影する頃には、

かなり、飽きモード。やはり、こういったテンションに、

なってしまうと、写真は正直。

良い写真が後半は撮れませんでした。

本日の5枚

それでも、コンテスト行きになるような、

写真も何枚か撮れたので、

撮れ高OKでした、今回の撮影は。

次回が何時になるかはわかりませんが、

次のテーマは、如何にタンポポの綿毛を立たせるか...。

これが、非常に手先の不器用な自分には、

難しいのです。そして、それに加えて、

水滴を付けるのが、結構な難しさ...。

まだまだ、「浅井美紀」さんのような写真には、

ほど遠いですからね...。一目瞭然で。(苦笑)

本日の5枚

この写真も、よく見られてしまうと、(苦笑)

写ってはいけないものが、たくさん見えてるし...。(笑)

っでも、きっと100均にある、

アレを使えば、きっと綿毛はピンと立つような気がします...。

あくまで、気がするだけですが...。

っでも、100均アイテムで解決できるなら、

いやぁ~、100均にはかなりお世話になってます。

こういった、作戦を練る時間がまた、楽しかったりするのです。

本日の5枚

まぁ、今回の撮影は、結果としては、

一段ステップアップできたのは、確実で、

次回の課題も見えたし、

あとは、やっつけるのは、タンポポの綿毛写真を、

もっともっと、上手に撮りたいものです...。


う~む、写真の世界も、どんな世界もそうですが、

上を見れば、キリがないですから、

自分なりに満足いけば、それでイイんです。

そんな意味では、今日の撮影は70点!

まぁ、十分満足な撮影でした。


AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

kenek

Author:kenek
IXYに始まり、G9、PENと渡り歩き、ついにD600を購入してしまいました。
そんな、一眼初心者が送る、写真帖です。

2014年10月より、グルメリポートブログ開始しています!!グルメカテゴリ新設しました!!

◆◆◆ 日本野鳥の会 会員 ◆◆◆

使用機種(メインカメラ)
Nikon D600

使用レンズ
・AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
・AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
・TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
・TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
・SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

使用機種(サブカメラ)
Panasonic LUMIX G7

使用レンズ
・M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
・LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
現在の閲覧者数: